Copyright © 石照庭園. All rights reserved.

  • Facebook - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle

四季を彩る美しさが楽しめる

奥出雲の廻遊式庭園

「石照庭園」

石照庭園について

「舞台装置は俳優を補佐し、演技をより容易にするために工夫されるものだ。舞台装置そのもののために、喝采や賞賛を得ようと俳優を除け者にしてはならない。」

石照庭園を設計された伊藤邦衛氏は1997年、上原敬二賞受賞を記念して受けたインタビューに、先達の言葉を引用してこうお答えになっています。

 

多くの児童公園を残された氏はまた、瀬戸内で山川海に親しんで育った経験から、遊具優先の公園ではなく、子どもが流水や本物の岩に触れて遊ぶ装置づくりに腐心されてきました。

 

俳優とは、公園で遊ぶ子どもであり、庭にあっては訪問されたご本人です。庭に一歩踏み入れたとき、「観る」と同時に、生命としての木々や小動物、無機物である岩や水に、「観られる」時間が始まります。

 

彼らは言葉を用いません。何か心に感じるとすれば、それは庭という舞台装置を心の鏡として用いて気づくご自身の声、もしくは縮景によって再現された自然の声です。

 

AIによって人類はかつて享受できなかった「全人の労働からの開放」の入口に入りました。課題であった人間性開放に、テクノロジーから差し掛かったといえるでしょう。

 

ではその時代にあって人間が、社会と環境に対して果たす責任とは何でしょう?

 

庭園はその答えをもちえませんが、舞台装置となり、主人公であるご訪問者に、問わず語りの時間を提供するでしょう。

 

ご訪問を心よりお待ちしております。

 

庭園写真ギャラリー

 

庭園のご案内

「雲南市木次町に位置する石照庭園は、たたら製鉄跡のある森林を背景に、巨大な石組みと流れ落ちる清水の滝や、静かに受け止める池泉、白壁の土蔵とマッチした奥庭園のほか、2ヘクタールの広大な敷地と1ヘクタールのしゃくなげ園、20アールの花菖蒲園など石照庭園ならではの四季を彩る美しさが訪れる方の心を癒してくれます。


 風景の練金術師として、庭園師の巨匠と称された伊藤邦衛先生の設計によるものです。
 

堀江家先代が建立した石照寺は、観音堂とも呼ばれ、聖観音、薬師如来、弘法大師がまつられています。津和野・乙女峠にあるマリア堂を建築した熟練の職人、稲村重清氏によって再建された現在の観音堂は、屋根から下は一本も釘が使用されていません。

「自然・環境について考えるきっかけになってくれればと思い、庭を造った」と語る、園主・堀江洋伸氏。
手入れされた美しい山と、清々しい空気は、自然との共生を考えるきっかけになります。
庭園は廻遊式になっており、30分~40分で山を感動とともに一周できます。

 

営業カレンダー

 

アクセス

お問い合わせ

お問い合わせにはこちらのフォームをご利用ください:

  • 奥出雲 石照庭園

facebookご訪問

もお待ちしています

奥出雲 石照庭園

住  所 雲南市木次町平田472

定休日等 水曜日(シャクナゲ・菖蒲・紅葉の時期は無休)

開園時間 午前10時~午後4時

駐車場  有

問合わせ TEL0854-48-0033/FAX020-4667-2914

入園料金 大人500円(20人以上400円)

     中高生300円 小人200円

ふるさと納税

・庭園ペアお食事券

・庭園ペア入園券と古民家若槻屋宿泊券​は

⇐こちらへ

石照庭園(株式会社堀江)は

しまねストップ温暖化宣言事業者です