top of page

「ふりかえってみようあのころの雲南」

「ふりかえってみようあのころの雲南」

「昭和」の六十四年間ほど、受け取る人ごとにイメージする映像ががらりと変わる時代はないのではないでしょうか。少なくとも近代では。

みなさんはどうでしょう?

空襲、出征、原爆……

引き上げや開拓……

高度成長や出稼ぎ

だんだん大きく、にぎやかになっていく町

大家族

水害

豪雪

減反政策

小さくなっていく町

核家族


出雲地方では、やはり古代からともいえる斐伊川をめぐる攻防

すなわちダム、放水路、大橋川拡幅、そして中海干拓

近年でもまだ解決していない大規模プロジェクトは、斐伊川上流にあたる石照庭園があるこの地域でも例外ではなく、111戸移転と、県内最大貯水量の尾原ダムをめぐる反対賛成に揺れた地域でした。


この地域を振り返る書籍「石照の庭」を、近秋に出版します。

さきだって、

「ふりかえってみようあのころの雲南」

と題した写真展を、石照庭園と、JR木次駅前の今井書店マルシェリーズ店で同時開催しています。


展示は31日まで、ぜひご観覧ください。




留言


特集記事
この言語で公開された記事はまだありません
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page